筋トレは頭を使えばローリスクハイリターン、手軽で高効果が得られる

筋トレは頭を使えばローリスクハイリターン、手軽で高効果が得られる

筋トレで重要なのは「筋肉」「体力」であると、そうお考えの方はいらっしゃいませんか?

 

それらは確かに重要な要素です。ですが、それだけではまったく足りません。最も重要なものが抜け落ちているのです。最も重要な要素は「知恵」なのです。実は筋トレとは頭を使えば非常にローリスクハイリターン、手軽で高効果が得られるものなのです。筋トレを腕立て伏せを100回するだとか、腹筋を100回するだとか認識していてはダメなのです。実際には高負荷を10回やれば100回の軽負荷筋トレの倍近くリターンが得られるのです。

 

いかにして高負荷をかけていくのか、それをしっかりと思考しながら、高負荷をかけられる道具を使うことこそ最も有力な筋トレ方法であり、そのために知恵が必要なわけです。腹筋を鍛えるのだって、何度も腹筋運動をする必要なんてまったくないのです。腹筋ローラーを使って高負荷をかけてのトレーニングを毎日数分やったら、それだけで腹筋を割ることは可能なのです。腕立て伏せだって、頭をヘコヘコさせて行うものというのは勘違いで、足を高いところに置いて腕と胸のみを使って身体を持ち上げるものだと理解していれば10回で100回よりも効果を得られるのです。いかにして高負荷をかけるかというのが重要であって、ただ適当にがむしゃらにやればなんとかなるだろうと、そんなことはないのです。

 

筋トレと聞けば私たちは筋肉ムキムキで脳内まで筋肉まみれと考えがちですが、実際にはムキムキでありながら脳内はスッキリとしている方こそ筋トレマスターとなっているのです。そのためには道具をしっかり利用する必要があります。適切な道具を使って筋肉を鍛え上げるというのはボディビルダーであろうがプロ野球選手だろうが当たり前なのですが、筋トレとなるとなぜか力技に走る方が多いのです。腹筋ローラーなんかも道具を使うなんて邪道だと言われがちなのですが、たった千円から二千円程度であれほど高負荷を手軽に手に入るのですから、使用しないとは非常にもったいない話なのです。