コーヒーは脂肪を燃焼する力を持つ事からダイエットに向いている

コーヒーは脂肪を燃焼する力を持つ事からダイエットに向いている

コーヒーを仕事の休憩時間に飲む人は多いですね。毎日口にしている人も少なくないくらいの人気の嗜好品です。

 

 

実はこのコーヒーにはダイエット効果があるのです。

 

 

コーヒーで痩せる理由 

 

コーヒーは脂肪を燃焼する力を持つ事からダイエットに向いているのです。脂肪が多くて悩んでいる人には特に有効でしょう。コーヒーに入っているクロロゲン酸とカフェインにより脂肪を燃やします。

 

 

クロロゲン酸には脂肪分解作用や脂肪吸収を邪魔する作用、カフェインには脂肪燃焼を促進できる効果があります。この事から食事をしても脂肪吸収を防いで、すでにある脂肪を燃焼するというダブル効果が期待できるのです。・ダイエットのやり方 コーヒーダイエットの仕方は1日に3杯から4杯程度、ブラックのホットコーヒーを飲むだけです。

 

 

より効果を上げたい時にはクロロゲン酸やカフェインが多く含まれるドリップコーヒーがいいです。

 

 

どのタイミングで飲むのか

 

 

 

どのようなタイミングで飲むようにすればより効果は高いのでしょうか。まずは運動の30分前です。脂肪を燃や事ができる有酸素運動ですがさらに脂肪燃焼効果を上げるためには、運動する30分前に飲むようにするといいでしょう。また食後の10分以内に飲むのもいいタイミングです。ただ、普段から食事を取り過ぎてしまうという人は食前でもいいでしょう。

 

 

カフェインは食欲を抑える効果もあるので食べる前に摂る事で食べ過ぎ予防になります。それから入浴前に飲むのもいいです。入浴中も代謝が上がり脂肪が燃えています。お風呂に入る10分前に飲む事で脂肪を燃焼する力がアップします。

 

 

ブラックで飲む理由 

 

コーヒーには砂糖を入れたりミルクを入れたりする人もいますが、ダイエットに関して言えばブラックがいいです。

 

 

砂糖やミルクを加える事でダイエットに必要になるカフェインの働きが妨げられます。それに砂糖やミルクをプラスする事でカロリーの摂り過ぎになる可能性も出てきます。普段から口にしている人も多いコーヒーですが、ダイエットの目的で利用してみてはいかがでしょうか。飲むだけですから苦痛なくできる事でしょう。